三春滝桜2015見頃と開花情報【疑問まとめ】アクセス混雑は

日本三大桜の1つである福島県の三春桜。

このページでは見に行きたい人が見頃やアクセスなどの押さえるべきポイントと疑問点をまとめています。


見ごろはいつなの?


開花  4/15 満開  4/21 ウェザーニュースの予想

一般的にいわれる見頃は

・4月中旬 ~  下旬


になります。

スポンサーリンク


下は過去7年分の開花のデータです。

miharusa4



開花時期はで早い年で4月7日。遅い年で4月23日。


満開は早くて4月13日。遅くて4月27日という数値になっています。


満開の平均は10年間で計算してみると、4月19日となりました。



〇2015年の見頃は?

まだ情報が出ていないので分かりましたらお知らせします。



例年の混雑状況


三春滝桜周辺は早朝より後、普通に人が生活する時間帯で満開時期に見に行くと、とんでもなく車が混みあいます。


渋滞がひどすぎて過去には車越しにちょこっと見てすぐ帰ったという人もいました。


しかし見物した人は「見事すぎてこの混雑で苦労しても見に行ってよかった」という感想が多いのも事実です!

桜の付近はバスのツアー客の人も大勢来ますからね。


朝の5~7時くらいはわりかし空いています。みんなが寝てる時間帯。

ですが早朝でもすでに見物に来ている人がいて、路上駐車している車で通りにくくなっていたり徒歩で見に来ている人もいます。

見頃になると土日でなく平日でもすごく混雑になります。


駐車場もいっぱいで止められないほどになったりします。

渋滞でゆっくり車が走っているから、停められずにそのまま走らせて見るだけだった、という声もありました。


そういう場合はわざとずらして周辺の場所に停めるという方法も考えるといいでしょう。


地蔵桜の方で、車を駐車させておき、そこからは歩きで近づくという方法もあります。

だいたい1~2キロくらい歩くのですみます。


・余裕があるなら前泊や夜中に行動を


みんなが行動する時間帯をはずす、というのが混雑を避ける手段で有効です。


・早朝
・ライトアップ前の夕方


昼間とライトアップの時間帯をはずすんですね。


早朝狙いだと

夜中に高速を使って早朝に合わせて車で移動。

早めに三春に入っておき暖かくして車内で休息。駐車場があく時間にびったりつけておきすぐに駐車。そのまま見物へ。


もしくは宿を前日にとっておき、泊まって早朝にタクシーを使って移動。


ライトアップ前だと午後の3時、4時くらいに着くようにしておき
だいたいライトアップが始まる17時・18時くらいまでに見物するようにする、とうまくかわせるかもしれません。


スポンサーリンク



場所とアクセス



まずは大まかな地図です。郡山市の近くなのが分かります。


mihamap1

mihamap2


・アクセス方法

下は新幹線で東京から行った場合の路線です。郡山まで新幹線でまずは行きます。 東京と郡山間の新幹線は1時間18分、交通費は片道7680円です。

mihatra


郡山からはJRで2駅12分で到着です。ここの交通費は250円前後です。

mihatra3



三春滝桜の歴史と由来




三春の歴史は戦国時代を振りかえれば、仙台藩をつくった戦国大名、伊達正宗の妻


愛姫をだした田村氏がおさめた土地でした。


樹齢は1000年をゆうにこえます。1000年前ですから、西暦1000年前後ですね。

誰がどのような理由でこの地に植えたかはわかっていません。


室町時代には土地をおさめる領主が、開花の時期になると「咲いたかどうか」を家来に見に行かせ、馬で伝えさせたほどです。


江戸時代には三春藩がおかれ、秋田から転封された佐竹氏がおさめました。

三春は城下町であり駒や人形をつくらせ伝統工芸でも知られています。


佐竹氏も藩の象徴として長く咲き続けるように、藩の中で大切に保護してきました。


滝桜の周辺に農地をもつ農民には、年貢をとらないかわりに柵をつくらせ、保護をさせ

桜の木をさわらせないようにしました。


有名になったのは江戸時代の末期に、三春藩の武士が京都の公家と話合いをした際に

滝桜が話題になり、それがいかにきれいかを和歌で詠んだため、と言われています。


代々と大切に保護されてきたのですが

日本がバブル経済に酔いしれる1980年代に樹齢が相当いってますから、木が衰弱してしまった時もありました。


しかし町民がシンボルを倒すわけにはいかない、という気持ちのもとしっかりと手入れをして今のような見事な咲きっぷりを取り戻しました。


滝桜の由来は、満開の時期になると、東西南北にのびたいっぱいの枝から

ピンク色の細かな花びらが、まるで滝のような水滴がバーっと落としたように見えて

きれいな姿をしているため、と言われています。


〇品種

エドヒガンザクラ系  ベニシダレサクラ

高さ      13.5m

根回り     11.3m

枝はり     東西へ25m


〇放射能の心配は?

三春は福島県ですから放射能はどうなの?と心配な方もいるでしょう。

福島の原発からおおよそ数十キロという距離です。ちょっと近いですが三春町は避難地域ではなく住民の方は暮らされています。


どうしても気になる人はマスクをもっていけばいいと思います。そもそも観光で1日だけ行くだけなので問題はないと思われます。



周辺も桜スポットが満載



三春町は滝桜以外にも桃色のサクラが見れる場所がたくさんあります。

三春駅から歩いて20分圏内ではトータルで2千本もの桜があって街そのものが名所といってもいいくらい綺麗に咲きほこります。


2時間くらいでぐるっと回ることができます。

ゆっくりと時間をとって散歩がてらにまわってみると思い出が倍増するでしょう。


・城山公園

ソメイヨシノが満開に。山の高い所から、町中のうすい紅色、しだれと緑の畑や木々と色とりどりの風景を見下ろせます。


・田村大元神社
・歴史民俗資料館
・福聚寺
・三春大神宮   などもスポットでイイ


・樹齢で100年をこすのは70本弱もある


八十内かもん桜 (樹齢350年)

常楽院桜    (300~400年)

お城サカシダレサクラ (350~500年)

天沢寺桜    (100年)

桜谷シダレザクラ (200年) 

高台院の桜  (300~400年)  など

スポンサーリンク




   sye5

このページの先頭へ