新潟高田公園桜2015見頃や開花【疑問まとめ】混雑駐車場も

新潟県にある高田城址公園の情報をお伝えします。


混雑は?


日本三大夜桜で有名ですから混みます。

平日もまあまま混み、土日の休みはかなり混みます。

スポンサーリンク


車の量が多くなるので例年に交通規制がしかれます。(下は赤の部分が交通規制。満開の土日に14年はしかれた)


takada1
(出典 http://www.joetsu-kanko.net/kanoukai/2013/midokoro-map.php)


時間に余裕があるのなら夜桜も含めてみるのを考えているのなら土日より平日昼間からの方がおすすめです。


駐車場



駐車場は臨時駐車場もつくり用意してくれますがそれでもシーズン中はかなりの確率でいっぱいになります。


駐車場からシャトルバスが出ていますが、期間中は人が多いのでそのバスでも並ぶ可能性があります。100円で乗れます。


駅から離れた駐車場、上越市役所や寺町などは空く傾向にあるようです。

時間を損したくない場合は、高田駅からは公園まで歩いて20分ですから駅周辺に停めてしまうのも手です。


しかしここもスペースは大きいですが駐車する人が多いと考えておいていいでしょう。

車か電車移動を選ぶのでしたら混雑して時間を損するのが嫌だというので選ぶなら
電車で行った方がおすすめです。 


見ごろとアクセス



開花 4月10日  満開 4月16日


例年ですと4月の半ばくらいがイイです。


今年は?



〇アクセス

東京か大阪か名古屋方面から来るかで、電車と車とも行き方が変わります。 takada2


・電車の場合(東京の例)

乗車時間2時間27分 料金8550円

takada3


・車の場合

スポンサーリンク


所要時間4時間16分 高速料金5440円

東京 ~ 調布 ~八王子(料金所) ~  八王子JCT ~

鶴ヶ島JCT   ~  藤岡JCT  ~ 上越高田

takada4


見どころのポイント




・何といっても夜桜

日本3大夜桜と称されるほど有名。毎年の桜の開花にあわせて公園内に明かりになる「ぼんぼり」を設置します。


その数なんと3000個。日が沈むとそれは見事な景色に変化します。

見てほしいポイントは、三重のやぐらの建物がありますから、そこの反対側の池の遊歩道から眺めるのがおすすめ。


白くライトアップされたやぐら、明かりできれいに照らされた桜、堀の水面に豪華にうつされたピンクの桜、これらが混じりあった情景は言葉を忘れるほどです。


・さくらロード

長さにして約300メートルの並木道もライトアップされます。

夜桜の並木道ですから昼間とはちがい、まるで桃色のトンネルをくぐっているようでカップルで並んで歩くと良い思い出になるでしょう。


・花見も名物

夜桜を眺めながら仲間で見る花見も毎年恒例のイベントです。

あとは弘前公園に並ぶくらいの露店もでますから、食べ物やお菓子もさまざまなのを食べることができます。


〇桜の特徴

・約4000本

・ほとんどがソメイヨシノ

・明治42年に植えられた桜は樹齢100年を数える


高田城址公園の桜の歴史と周辺の観光



高田城はのちに切腹をさせられた徳川家康の六男忠輝が建てた城。城はなくまりましたが

その跡地に公園をつくったのが始まりです。

そして1909年に陸軍の軍団が新しくつくられたのを祝して、2000本余りの桜を

この跡地に植えて4月に見られるようになりました。


大正の1926年には観桜会が開催されそれが夜桜の始まりです。
ぼんぼりを堀の近くに、木にはあかりを照らしてライトアップさせて全国的な知名度をもちました。

現在は高田市やボランティアのサポートで見事な咲きっぷりを維持しています。


〇観光

高田公園のある新潟県の上越市は戦国武将の上杉謙信のゆかりの地。

寺も多く建っておりほとんどが浄土真宗。

林泉寺は謙信の居城だった春日山城の近くにあり、謙信が眠る墓とゆかりの品々をかざる宝物館があります。

スポンサーリンク




   sye5

このページの先頭へ