上野公園の桜花見2015見頃いつまで【疑問まとめ】混雑開花は

都内のお花見スポットとして知られる上野公園の桜の情報をお知らせします。

混雑は


桜まつりが開催されるシーズンの土日は最盛期といった具合で激混みです。

桜と人のどちらが多いかといったぐらいになります。


わきの木の近くには花見で宴会をするグループでたくさんになります。

平日も混みますね。離れて横から桜をながめる分、お弁当を縁石で食べる分にはおおかたの日で大丈夫でもあります。

スポンサーリンク


葉桜が8割くらいになってくる後半だと平日はじょじょに人が少なくなってきます。


近くにお弁当・食料を買うお店はあるのか?場所取りは



あります。

コンビニは上野駅付近では50店以上あります

→上野公園付近のコンビニ一覧


数は少ないですがスーパーもあります。花見の買い出しには便利でしょう。

業務スーパー上野広小路店
マルエツ東上野店
赤札堂上野店       など


→上野公園付近のスーパー一覧

またこの時期は屋台が公園内で出店します。不忍池の近くになります。値段はお祭り価格でちょっと高めです。


上野といえばアメ横ですが、アメ横でお弁当を売っている店はほとんどないと思われます。


お弁当を買いたいなら、コンビニ、上野駅のアトレ・隣の駅 御徒町の松坂屋の食品コーナーに行くと売っています。


○場所取り

上野公園の花見といえば場所取りが大変です。毎年の傾向を伝えれば

・メイン通りの1番桜が見える場所は前日からの場所取りが必要の可能性


・ちょっとはずれた場所でそんなに人数が多くなければ、昼間でも空いたタイミングで取れそう



見ごろ


開花 4月1日   満開 4月9日 

例年は上の通りですが年によってちがうのでちくいち天気予報で確認しましょう。


下は過去2年のデータです。

ueno4


13年と14年では満開の時期が7日前後ずれているのが分かります。


見どころのポイント




ueno1
(出典元 http://www.viva-ugu.com/hanami/)


・公園桜通り

メインといっても過言ではありません。広い通りには枝ぶりがいい横にのびた桜が左右の両面に咲きます。

1つの通りにずらーっと桜が並び、その風景には驚かされます。


そしてもう1つびっくりするのは人の多さ。人口がトップの東京都の桜の名所でアクセスがいい上野ですから見物客もまた多いです。

なかなか前に歩けないかもしれません。



スポンサーリンク


・弁天堂の周り

不忍池の池のほとりにあります。そんなに高さがない塔のような建物があるのですが、それを囲むようにサクラが並んでいます。

塔の荘厳なつくりと桃色のさくらと空の3つが重なりあい、絵画を見ているような気持ちにさせます。


・不忍池のボート

池ではボートの貸し出しも行っています。デートでボートに乗ってみるのも面白いです。

水上から眺める桜と上述の弁天堂も見ることができて楽しみが増えます。


・夜桜

うえのさくら祭りが3月末ころ~4月の上旬にかけて開催されます。

この期間中は夜にあかりをともす「ぼんぼり」で夜の桜をライトアップさせます。

しかし上野の夜桜は他にくらべて明かりのきれいさと場所がせまいのが短所です。

仕事終わりの会社員の人たちの花見スポットとしても有名です。


・不忍池の近くを散策しながら歩く


〇桜の木

・総数約 1200本


種類

・ソメイヨシノ
・ヤマザクラ
・オオヤマザクラ
・シダレザクラ


アクセス


ueno2


もし遠方から来られる方の場合で都内の地理に疎い場合は、「上野駅を目指す」と覚えましょう。上野公園は駅から近いです。上野駅はJRと地下鉄で何本か路線があります。

JRであれば上野駅公園口という改札がありますからそこを降りてすぐです。

上野公園までの電車

ueno3



上野公園の桜の歴史


上野恩賜公園が正式名称

なぜ桜があったかといえば、もとはおなじく上野にある寛永寺が江戸時代初期に

建てられた時に天海僧正というえらいお坊さんが京都から桜をもってこさせたのがきっかけと伝えられます。

400年近く前の1620年代には江戸で1番の桜の名所として知られていました。

普段は寺院であり徳川家の監視下におかれた場所ですが、桜の時期だけは江戸の庶民にも見物してもらおうと広く開放して出入りができました。

これが今なお続く「上野公園で花見」につらなっているんですね。


俳人の松尾芭蕉も当時のにぎわいをこう詠んでいます。「花の雲 鐘は上野か浅草か」

明治時代になると上野公園は明治政府がおさめる場所となりました。

そして都内の浅草、芝、深川などとおなじタイミングで日本で最初の「公園」と指定されました。

恩賜(おんし)とつくのはこのためです。


しかし非常に長い歴史があるかわりに何度か危機もありました。戊辰戦争の際の大きな火事、関東大震災による火災、太平洋戦争の際の東京大空襲。


公園内もひどい状態となりましたが、周りの住人や東京都の努力で今のきれいな桜に復元されております。

実は上野公園内にある桜は天気予報にも利用されてるんです。

3本のサクラが気象庁の開花予想に使われています。

スポンサーリンク




   sye5

このページの先頭へ