新幹線安く乗る方法【格安でチケット購入5つ】往復帰省ほか

新幹線で東京から名古屋、青森から京都など長距離移動する際の新幹線の料金


どうせ同じ距離を走るのなら1円でも安くしたいものですよね!

そんな新幹線のチケット料金をなるべく格安にする方法を紹介します。


方法は大きく5個あります


・1.JR各社の割引サービスを利用 


・2 旅行会社のパック料金で購入。宿には泊まらない裏ワザ


・3 金券ショップで回数券をばら売りで購入


・4 JR東日本・西日本の株主優待を利用


・5 ヤフオク等のオークションで購入




確実さと割引の金額をてんびんにかけ考慮。どの方法がおすすめかといえば


まだ出発日まで余裕があるのなら、上の1番、ないのなら2番もしくは4番

その下はは3、5番という順番になると思いました。

スポンサーリンク


旅行会社のパック料金で購入すると合計額が安い



実家や友達の家に泊まるのでなく、どこか宿泊先に泊まる予定でホテルも探しているのならこの方法を検討してみると面白いかもしれません。


旅行会社が販売してる ホテルの宿泊代 + 新幹線の往復チケット

のパックツアー

を申し込むのです。


明らかに ホテルを別  新幹線チケットを別

とそれぞれ別個に買うより安くなります。

試しに仙台~東京間でやってみます。


日本旅行のJRセットプランというサイトにアクセスをしました。


そして仙台~東京間で検索をかけました。

出典:→「日本旅行」

shin1

そうすると49施設、新幹線チケットと宿代がセットになったプランが出ました。


ユニゾイン仙台というビジネスホテルが出てきたので

shn2


これと新幹線を別々に泊まった時と、パックにした時の料金を比較してみます。

素泊まり(食事なし)の最安値はシングル1人泊まりでチケット代往復コミコミで18500円です。


shn3


これを別々に購入したとすれば


おなじ日付のユニゾイン仙台のシングル最安の宿泊代  4100円

東京~仙台間の新幹線代金      往復で2万720円

   片道10,370円(乗車券5,940円 特別料金4,430円)

   合計で 2万4820円



shn4


18500円 > 2万4820円


でパックの方が6320円も得なのが分かります。



もしくはどこか友達の家や実家に泊まる予定でも割引額は減りますが


たとえ宿泊代が入ろうとこのセットプランの方が、何もしないで新幹線チケットを買うより


18500円 > 往復で2万720円  と  2220円も得なのが分かります。



別に予約した宿泊先に泊まるか泊まらないかは自由です。

もちろん泊まればそれで宿まで確保できてしまいます。


この技のポイントはなるべく宿泊費が安いホテルを探し出し、そのホテル経由でセット料金で買うようにする点ですね。


また旅行会社で紙のパンフレットで販売しているのより、中間マージンを省いているインターネットだけで販売されているプランの方がさらに安くなる傾向があるようです。


自分のエリアで探してみましょう。


ただこの方法ではデメリットもあります。それは乗る新幹線はあまり贅沢が言えない点です。


・何時何分発の午前10時15分発の〇〇565号に乗りたい

・混雑時の新幹線なら追加料金がかかる場合も

・例 東京~大阪間でも駅に止まる件数が多い時間がかかるのになる可能性


などです。電車の指定ができなく、午前10時出発といった具合に時間での指定しかできないケースもあるようです。


JR各社の割引サービスを利用


JR各社では会員限定でお得な割引サービスを販売しています。

これらを自分が移動する区間で利用すると安くできます。
この方法が1番正攻法といえます。


□JR東日本

→EXファミリー早得


例 広島  ~ 東京・品川 15,470円(3,610円安くできる)


*2名以上の利用、席数限定
J-WESTカードへの入会が必要


・えきねっとトクだ値


*25%程度、乗車料金が割引できる
 えきねっと会員への登録が必要
 出発日時の変更もできる


・お先にトクだ値

えきねっとトクだ値の割引がさらにされるバージョン。
13日前までに予約を入れれば割引率がさらに高くなる

*年末年始・お盆の混雑時期の利用も可能


スポンサーリンク



・大人の休日倶楽部


指定のクレジットカードに申し込みをすると
何十回も利用しても5%の新幹線代が割引になる


□JR東海

JR東海は色々とお得な切符のサービスが出ています。
東日本と西日本の中間に位置しているからでしょうか。


→JR東海の割引サービス一覧



新幹線で有名なのだと

・のぞみ早特往復きっぷ
・東京ディズニーリゾート往復きっぷ
・新幹線自由席用早特往復きっぷ
・新幹線福岡割引きっぷ
・九州往復割引きっぷ

他にも色々あります。


・ぷらっとこだま

JR東海ツアーズが運営。こだまの利用がお得に出来る。
品川~名古屋間が8100円など


・エクスプレスカード


専用のクレジットカードを申し込むと入会できる
会員になると用意されているいくつかの割引サービスが受けられる



IC早特(タイプA) 東京~広島間 3140円引き
e特急券  乗車当日の予約での割引サービス



□JR西日本
→割引サービス一覧


・のぞみ早特往復きっぷ

東京までの新幹線の予約が1週間前までにするとお得になる


・USJスペシャルきっぷ

USJに行くならこれ。ワンデイパスとセットになった切符



金券ショップで回数券をばら売りで購入


この方法はてっとり早く割引されますが、他のに比べてあまり安くなりません。


あとはGW・お盆は回数券使えないのでそこが痛いです。


回数券のまとめて買った分の余りが金券ショップに売りに出されているのでしょうか。


試しに1つ例として金券ショップのサイトを調べました。


東北新幹線  東京 ~ 宇都宮間  通常4930円が販売価格4300円

でした。約1割引きですね。


JR東日本・東海・西日本の株主優待を利用


株主優待とはその会社の株を持ってる人を対象に優待といって株をもってくれたお礼に割引券などをくれるサービスです。


JR以外にもスタバでも吉野家でも商品の割引券など優待がもらえて色んな会社でやっています。


JRの場合は、株主優待割引券で電車賃の割引を受けられます。
その優待割引券だけを金券ショップで別売りされて売ってることがあるんですね。

別に券を利用する分には株主である必要はありません。


JR東日本の優待の案内
→参考


優待券を提示すれば

JR東日本  1枚使用で2割引、2枚使用で4割引

JR東海   1枚使用で1割引、2枚使用で2割引

JR西日本  1枚使用で5割引



の料金で切符が買えます。


金券ショップのサイトで探すと見つかります。


→参考


僕が見た時は

JR東日本で1枚2400円
東海で1000円
西日本で4800円  でした。


あとは損得勘定の計算です。

・割引を何もしないで普通に新幹線に乗った時の料金と

・優待券の購入代金 + 割引適用した時の新幹線チケット代金


のどちらが得かを見極めて購入するといいでしょう。



ヤフオク等のオークションで購入


ヤフーオークションのオークションサイトでも少ないですが購入済みの新幹線チケットがオークションに出てました。

出典 →ヤフオク


にアクセスして、検索窓に「新幹線 チケット」と入力して探してみます。


僕が探したときは新幹線のぞみ指定席 東京 ~ 新大阪間のがでてましたよ。

shn7 


shn6


そのまま普通に買うと13620円(乗車券8,750円 特別料金4,870円)のところ


1万2千円で1620円引きとなっているのでお得です。

スポンサーリンク


このページの先頭へ