インフルエンザ妊婦が予防接種や薬タミフルは【危険か?】

妊娠中にインフルエンザにかかってしまったらお腹の赤ちゃんが大丈夫なのか?

かからないようにする予防は何をしたらいいかを解説します。



かかってしまったら


・産婦人科に行くのはなるべく避ける、電話連絡にとどめる



妊娠中なのだから産婦人科じゃないの~?と思うかもしれません確かに


お医者さんに連絡はすべきなのですが、かかってしまったら産婦人科には行かないようにしましょう


理由は病院に他に来た妊娠中のお母さん、妊娠後に間もなく検査に来た方に迷惑をかけるからです。

他のお母さんやお子さんにうつってしまったら大変ですよね。


電話連絡して診てもらえる他の病院を紹介してもらいましょう。



妊娠中にかかって薬を出すか出さないかは病院の判断


・妊婦さんの健康さ

・その年の流行の度合い、病原性の強さ

・出産まで残りどのくらいか

・あなたがどう考えるかの意見


で総合的に判断されます。


だから「本当に大丈夫かな?あの時もっと話をしておけばよかった」とならないように普段からのお医者さんとのコミュニケーションが大切です。

あとは「この先生の言うことを信じられる」と最終的に思えるように信頼関係を築いておくのも望ましいです。



予防接種は?タミフルは飲んでもいい?


〇ワクチンは打つべきか?


・妊娠の14週目以降はワクチンを打っておいた方がいい

・出来ればインフルエンザシーズン前に打つのがいい

・インフルエンザシーズンと妊娠の中期後期がかぶる人は注意


研究で妊娠中の14週目以降であれば、インフルエンザワクチンを予防接種しても安全である点が確認されています。


日本産婦人科協会、国立成育医療センターも推奨しています。


14週より前の妊娠初期は他の原因でも流産する可能性がいろいろとあるのでワクチンを打つのもなるべく避けた方がいい、という考えがあります。


不活化といってすでに病気で悪さをする性質、病原性がなく半分死んだものを使用するのでお腹の赤ちゃんに悪影響は与えないと考えられています。

打つことの効果は「抗体ができる」点です。


特に

・妊娠の中期・後期の時期とインフルエンザシーズンがかぶる方
11月~3月付近に出産予定の方


は心がけが大事です。


シーズンになると、インフル以外にもウイルス性の病気で妊婦さんの入院が増えるのですが

入院数が増えるほど、妊婦の死亡数も高くなる傾向があります。

1年を通すと夏場よりシーズンにあたる冬場の入院数が多いです。


それに加えて

・妊娠の中期・後期(7か月目以降)は感染症が重症化しやすい


とWHO(世界保健機関)で発表されています。


理由は普通の生活では体内にいない、お腹に産まれてくる赤ちゃんが体に入っている訳ですが

その体内の赤ちゃんを攻撃しないように

そのタイミングだけ母体の免疫機能を変化させる知恵があるんですね。


そうすると妊婦の体は感染症への抵抗力も一緒にダウンしてしまうんです。

特に妊娠初期だと肺炎などの合併症も引きおこしやすいです。


だからインフルにもかかりやすい体になっていますから、それを防ぐためにワクチンを打っておくんですね。


しかも妊娠中にもしかかってしまったら

薬を飲まないといけませんが、妊娠中にあれこれと薬を飲むのはなるべく避けたいですね。


だから中期~後期の時期がちょうどインフルエンザが流行る時期にあたるのなら前もってワクチンを摂取しておいた方がいいんですね。


最終的には担当の産婦人科医・かかりつけのお医者さんに相談をして
判断をあおぎましょう。




○タミフルは?


妊婦がタミフルを飲んで母体や胎児に副作用が出たという報告は今のところないです。


「あれインフルエンザかな」と思ったら、これ以上に症状を悪くしないようタミフルなどの抗インフルエンザ薬を飲んで悪化させない対策をとるのも1つです。


検査で陰性になっても、検査をすり抜けてインフルエンザにかかる例もありますから予防薬の意味でタミフルを処方するお医者さんもいるようです。




その他の予防法


妊婦がインフルエンザにかからないようにする予防法は


・マスク、手洗いうがいを徹底する

・自宅で安静に


妊娠中は免疫機能が変化していて病気にかかりやすくなっています。


かからないためにはなるべくウイルスの原因となる人との接触を避けるのが1番です。


もし産婦人科の検査で病院に1週間ごとに行かないといけない、買い物で外に出ないといけない


と家に閉じこもれないのなら


 ・マスクのタイプを不織布を買いましょう

これだと、咳をした人のツバや菌が体内に入りにくくなります。



〇予防接種をうける他の効果


・産まれてきた赤ちゃんに免疫ができる点

にあります。産まれた赤ちゃんにワクチンで注射をするのはできませんが

妊娠中にお母さんの体にいる間に、もしワクチンを打っていれば

そのお腹の赤ちゃんにも免疫ができるんですね。

だから打っておけばダブルで赤ちゃんに良いんですね。

スポンサーリンク


このページの先頭へ