風邪とインフルエンザ見分け方【関節痛と寒気で同時は?】

冬場のインフルエンザが流行っている時期に熱が出た

いったいインフルエンザと風邪のどちらなんだろう~と迷うかもしれません。


インフルならすぐに病院に行かないといけないし、風邪なら行かずに市販薬ですまして

会社や学校にも行こうと思うかもしれません。


そんな方のために見分け方やちがいを解説します。また後半では風邪に似た病気の紹介をします。



風邪とインフルエンザの症状のちがい



           ●風邪        ●インフルエンザ

引き始めの痛みは    のどや鼻         全身

進行度         ゆっくり          急激

発熱          37~38度        高熱
                    38度以上、40度超えも

症状          くしゃみ     風邪の左の症状にプラスで
                     足腰や関節に痛み、合併症
             鼻水  
            強い寒気
             腹痛  
             頭痛
             のどの痛み
             寒気

治るまで       さまざま       長い。7日~10日位

流行のシーズン    決まってない    11月位に発生、1~3月に
                     ピーク、4~5月に収束




このような違いがあります。

スポンサーリンク


では見分け方としてはインフルエンザに特徴的なのは特に


・ぞくぞくとした寒気が来た後に38~40度の高熱になる


・筋肉痛や関節痛になってあちこちが痛い感じがする

・だるさが強い


といったのが挙げられます。あとは高熱になるまでのスピードが速いです。


しかし完全な判別は難しく、たとえば風邪の原因になるウイルスでも

インフルエンザ並みに強い症状をだすのもあります。


僕も経験がありますが、忙しいから風邪薬を飲んでおこう、と数日飲んだらちがう病気だったという事があったので、様子次第ではめんどくさがらずに病院に行って診断をしてもらった方がいい場合もあります。



風邪もインフルエンザもウイルスなのは一緒


風邪もインフルエンザもウイルスが体内に入って病気になる点はおなじです。


でも風邪がひどくなったのがインフルエンザ?と思いそうですが、実はちがいます。

悪さをするウイルスの種類がちがいます。


インフルエンザはインフルエンザウイルスという名づけられたウイルスが体内に入ったらかかります。


だからこのウイルスが入らずに、熱が出た、頭痛がするといったのであれば風邪なのです。


普通の風邪は、インフルエンザウイルスとはちがう種類のウイルスが悪さをします。


例えば

○ライノウイルス

鼻水の原因をつくるウイルス。鼻をすすったり、ティッシュでかんだりした鼻水の中にはこのライノウイルスがたくさん入っています。


○RSウイルス

幼児から学校に行く子供だと鼻かぜの原因に。何度もかかりやすいので赤ちゃんは

気管支炎や肺炎の重い病気をつくる原因になるので注意が必要。

さらに赤ちゃんは合併症で中耳炎になったりもします。


RSウイルスは赤ちゃんには特に注意がいります

・呼吸困難から突然死になる恐れ

・心臓に疾患があると重症になりやすい

スポンサーリンク


○コロナウイルス

鼻かぜをおこすウイルス。ウイルスの形が変わる幅が大きく

昔流行したSARSの原因になったウイルスでもあります。



○アデノウイルス


鼻かぜより高い熱をおこし、かかっている期間も長くなりがちに。

また下の他の病気の原因にもなります。


  ・脳炎・膵炎・肝炎
  ・肺炎・咽頭炎・扁桃炎・咽頭結膜熱の呼吸器系の病気 
  ・角膜炎
  ・胃腸炎
  ・膀胱炎

と目白押しです。


○エンテロウイルス

お腹の腸で悪さをしやすいです。夏風邪の原因とも説明されたりします。


小さい子供が下痢、夏風邪、発疹、発熱をおこしたりします。


他の病気

・手足口病、脳炎、神経麻痺、髄膜炎をおこしたりもします。

などがあります。


インフルエンザは●リンク で解説していますが

A型
B型
C型


の3種類のウイルスがあります。

このようにまずかかるウイルスに違いがあるのを知りましょう。



違う病気の可能性も


咳や熱があるといった風邪によく似た症状の他の病気があります。

もし風邪でもインフルでもなければこれらの病気の可能性もあります。


・はしか    →麻疹ウイルスが原因

・ふうしん   →ふうしんウイルス

・おたふく風邪 →ムンプスウイルス



初期症状では風邪とよく似た症状になります。

お医者さんでもこれらの病気を見逃すことがあります。


・ようれい菌

細菌の1つです。ウイルスよりもサイズが大きく、高い熱とのどの痛みを引き起こします。


・マイコプラズマ肺炎

激しい咳が出ます。僕はこれに1度かかりました。ひどい咳が4,5日続いて風邪薬を

毎日ちゃんと飲んでも治らない。しょうがないから病院に行って検査をしたら


お医者さんから「風邪でなくマイコプラズマ肺炎です」と言われ発覚しました。


他には

・副鼻腔炎などの鼻の病気

・肺炎

・気管支炎

・扁桃腺

・結核


などが風邪に似た症状になります。

歳をとった人なら肺がんの可能性もあります。

スポンサーリンク




   sye5

このページの先頭へ