タミフル効果と副作用 子供服用期間や酒も【情報まとめ】

インフルエンザの薬であるタミフルについて解説します。


タミフルとは?その効果は


抗インフルエンザ薬の1つです。オセルタミビルとも呼ばれます。


インフルエンザにかかると風邪薬では治らないのですが、これはインフルエンザウイルスという

インフルエンザの症状を引き起こすウイルスが体に悪さをしているからなんです。


ドラッグストアで買える風邪薬にはインフルエンザウイルスに対して効果がある成分は入っていないんです。



タミフルの効果は

・インフルエンザウイルスが体の細胞へが増えること、細胞への感染や、他にうつるのを減らします


菌をころす訳ではありません。


時間がたつにつれ感染する細胞がへるので、弱まっていき

インフルにかかっている時間を減らすのにつながるんですね。

スポンサーリンク


逆にいえば、


ウイルスが活発に活動している時にこそ効果が高いので

・かかってから48時間以内に飲む


のがいいのです。48時間を過ぎてしまうと、ウイルスの活動も弱くなるのであまりタミフルの効き目がありません。


重症になっていなければ2日過ぎれば、あまり飲ませられないかもしれません。



もう1つの効果は

・重症化する確率を下げる


点です。インフルエンザで怖いのは合併症です。高熱などで


・インフルエンザ脳症 →こちらのページで解説
・肺炎


にあわせてかかったりします。悪くなると生命の危険もあるので


タミフルを服用してウイルスの増殖をふせぎ、症状を悪化させなくさせる効果もあります。



タミフルの副作用は?


どんな薬にも副作用があります。人によっては服用後に

・腹痛
・下痢
・吐き気


といった消化器系の副作用が報告されています。


ほかにはポツポツと発疹が出る人も少ないですがいます。


ご存知の方も多いでしょうが有名なのは

・異常行動

です。


うわごとを言ったり、ありもしない物が見えたり、テンションがハイになったり等です。


今は原則10代の子供には投与されない事になっています。

→参考


また10歳未満の子供でも異常行動は起こる可能性があるので、慎重さはもちろん必要です。


ただ原因は完全に解明されておらず、異常行動が脳症のせいなのか、議論されています。



お医者さんの判断で、

・タミフルを服用しないリスク、服用するリスク


を天びんにかけての話だと思います。十分に説明を受けてください。


たとえば、ぜんそく持ちの子供であれば、肺炎になるとより怖いですから

タミフルを服用することでそのリスクを減らせます。

スポンサーリンク


飲み薬


タミフルは飲み薬です。子供にはシロップタイプの甘く味付けされて飲みやすいのが処方されます。


吸い込むのは大変なので、小さい子供やお年寄りは扱いやすいと思います。


抗インフルエンザ薬は他に

・リレンザ


があります。こちらは吸い込むタイプの薬です。


吸うのでピンポイント型の薬といえます。



全身に薬をまわらせたくない妊娠中の方や持病のある人は

リレンザを吸い込んで、ウイルスが広がる気管支や肺にぶつけた方が安全性があるんですね。


小さい子供にはあまりリレンザは処方されないかもしれません。


吸うタイプなのでうまく吸えないと、体に入っていかないからです。



5日分を処方されたら途中でやめない。最後まで飲みきる


通常、タミフルは5日分処方されます。


例えばタミフルを飲み始めて「2日で熱が下がった」から

飲むのを止めちゃう人もいるかもしれませんが

5日分渡されたなら、最後まで飲み切りましょう。


理由はたとえ熱が下がったとしても、インフルエンザウイルスが完全に消えたわけではありません。


タミフルの効果でウイルスがせっかく増える量がへっていたのに、途中で飲むのを止めると

またインフルエンザウイルスが増えだすかもしれません。



・2日で熱が下がってタミフルを飲むのを止めたら、3日目にまた熱が上がった

というのはこのせいかもしれません。


子供であれば、5日を過ぎれば体内でウイルスに対しての免疫ができるので


もとから備わる体の力でウイルスをやっつけようとします。


5日間、しっかり飲むようにしましょう。


ですがもし副作用が出ているのなら、医師に相談のうえ、服用をストップするか検討しましょう。



〇タミフルが効かないインフルエンザウイルスもある

ウイルスの構造が変わってタミフルが作用せず、結果、タミフルの効果がないウイルスのタイプも

過去にありました。タミフル耐性のインフルエンザと呼ばれます。


2007年にAソ連型で効かないタイプが流行したこともありました。


しかしインフルの薬はタミフルだけでなく、リレンザやイナビルもあり、

そちらは有効である、というのも過去にありました。


だからことさらに怖がる必要もありません。

スポンサーリンク




   sye5

このページの先頭へ