カフェイン効果は6つ!作用時間と危険性も

カフェインを摂るとどんな効果があるのでしょうか?

僕はコーヒーを毎日よく飲んでるけどどんなメリットがあるの?とふと疑問にもちました。

コーヒー豆には色んな成分が含まれてますが、ここでは純粋にカフェインだけに絞ってお話します。
カフェインには以下のメリットがあると考えられています。


カフェインの効果

・眠気がとれる 集中力のアップ
・精神的な安心感をもたらす
・ダイエット効果
・妊娠しやすくる
・運動能力の維持
・ぜんそくをやわらげる

このくらいあります。

スポンサーリンク
次に1つずつ説明します。


眠気がとれる・集中力のアップ

眠気がとれるのはよく聞く話です。テスト前の前日に一夜漬けを遅くまでやるのにコーヒーやカフェイン入りの栄養ドリンクをガブガブ飲んでやった人もいると思います。

テスト前や仕事の深夜まで残業してカフェインをとるのにどんな効果があるのでしょうか?

・眠気がとれて注意力を向上させる

と言われています。


カフェイン研究の実験で、決まった量のカフェインをとらせて長時間の音による反応を調べる調査をしました。

やらされた人は長時間おなじ作業を繰り返すと疲れてきて集中力がきれてしだいに成績が下がってきます。

この状態でカフェインを実験者に与えると、落ち続けた成績が改善されアップしたという報告があります。

ただし単純作業ではこのような効果が確認されていますが、カフェインを摂ることにより


・頭がよくなる
・短期的な記憶力がアップする

わけではないようです。能力アップでなくあくまで疲れがやわらいだことにより、落ちた「作業をやる能力」が改善されたとみているようです。

50の力が70,80までと能力アップするのでなく、長時間の作業で25まで落ちた力が、カフェインで35とか40まで戻るといったイメージですね。

人にアルファベットや数字を覚えさせる実験をやってみたら、途中でカフェインを投与しても成績は変わらなかったというデータもでています。

眠気や切れた集中力をもう1度戻す効果で自分の注意力を高めてくれる、と考えるのがいいようです。


精神的な安定感をもたらす

お茶やコーヒーを飲むと「ふー落ち着くわ」と優しい気持ちになれた経験がある方はいないでしょうか?

これはカフェインの精神安定作用が1つに影響しているでしょう。


ネズミに行った実験で

・飲み水がボタンを押すと手に入る代わりに
・ちょっとした電気ショックがおこる

つまり

・プラスの刺激(飲み水)とマイナスの刺激(電気ショック)が2つある状態だと

ネズミちゃんは

「飲み水はのみたい、でもボタンを押すと電気でビビっと刺激がくる、どうしよう~迷う」

と葛藤状態になり緊張感と不安感がでます。そしてボタンを押す回数は減ります。

これを少量のカフェインを与えた上でおんなじ実験をすると、ネズミの飲み水のボタンを押す回数は増えたらしいです。

不安や緊張感が減り、えいやと電気ショックはあるけど飲み水を飲もうという気持ちにさせたことが分かります。

カフェインが不安をとる効果、精神安定をもたらす効果を示した実験です。

ただしだからといってカフェインを大量に取りすぎると弊害が大きくなります。
過剰摂取の禁断症状の1つに、うつや不安感を増大させるのがあるからです。


スポンサーリンク


ダイエット効果

カフェインにはダイエットを促進させる効果もあります。

・脂肪の分解をうながす
・代謝をアップさせる

他に

・運動量や生活習慣をきっかりと決めた実験で、カフェインをとった状態で運動をすると、まったく取らないのに比べて、体重のへった量が多かった

というデータもあります。

体内で脂肪分解を妨げる物質、アデノシンというのがあるんですが

それが作用するのをカフェインはふせぐ効果があると言われています。

脂肪が分解される量が多くなればそれだけ痩せやすくなります。


さらにカフェインは、基礎代謝の量を15%くらいアップさせた状態を2時間くらい続けてくれます。代謝が高いほど汗をたくさんかいたり新陳代謝が上がりますから痩せやすくなります。

他にも僕はコーヒーを飲んだ後はお腹がすく気分が減るのですが、

食欲をおさえる役目もカフェインにはあるので食べる量を少なくしてくれます。


運動能力を維持


レッドブルやモンスターエナジーのエナジードリンクにはコーヒーとおなじくらいのカフェインが含まれています。これらはスポーツ選手に愛用されているドリンクですね

なぜ飲料会社は缶の中に多めの量のカフェインを含ませてるかというと


・運動で疲れにくくする効果

に注目しているんですね。

ある実験で自転車のロードレースの選手にカフェインを投与して自転車で走ってもらったら

・決まった時間内で、自転車で走り進めた距離が20%増加した

という数値もでました。

この効果を知ってスポーツ競技のドーピング検査の項目にカフェインは入っています。体内に、コーヒー2杯分くらいのカフェインがあったら競技失格になる例もあります

ただしデメリットもあって、カフェインはおしっこを出やすくしてしまうんです。
コーヒーを飲んだ後ってトイレが近くなりませんか?

僕は飲んだ後に午前中だけで3回もトイレに行ったのがあります。
利尿作用というやつです。

これが運動中だとおしっこが出やすくなって水分が体内からでて

脱水症状を引き起こしやすくなります。胃に不快感を与える弊害もあります。


ぜんそくをやわらげる


喘息では息が苦しくなる・せき・ゼーゼーと呼吸音がなったり小さい子供が苦しむ病です。

カフェインは気管支を拡張する働き、気管支の弛緩する働きをもっています。

今のように医療が発達していない時代には、ぜんそくの症状がひどい患者にコーヒーを飲ませていたほどです。


妊娠しやすくする

女性側でなく男性の方に効果があります。

女性側は不妊の要因にはならないと言われていますが、妊娠を遅らせるデメリットの報告もあります。

カフェインは男性の生殖細胞の運動をアップさせる役目があると言われています。


スポンサーリンク


このページの先頭へ