授業参観【親のポイントまとめ】服装・おしゃべりやマナー

授業参観に行く際のマナーや注意点をご紹介します。


服装とポイント



〇服装

卒業式や入学式に着るようなスーツのように堅苦しくし過ぎる必要もありませんが、ある程度はきちんとした服装で行きましょう。

スポンサーリンク


ひらひらとした衣服は避け、例えばブレザーやジャケット、それにパンツかスカートを組み合わせたファッションが無難です。



〇授業参観で親がチェックするポイント


1 教室が整理整頓されているか

黒板がきれいになっているか、図画工作でつくった子供の絵や物がちゃんとされているか

→先生の性格やクセが分かる


2 生徒への答えさせ方

手を上げて発言が多い子供、そうじゃない子供がいます

発言が多い子だけでなく、大人しめの子にも分け隔てなく当てているか

→先生の子供への接し方が分かる



3 子供がどんな友達と話しているか

休み時間に子供がクラスの誰と話をしているか、どんな感じの子か


→子供の友だちが誰か、どんなタイプかわかる

 また子供が家で友達の話題をした時に、顔と名前が一致できる



4 家で褒めるネタを探す

子供が後ろをキョロキョロ見てたり、ふざけていても

「何であなたは落ち着きがないの?もっとしっかりしなさい」と怒るためのネタを探すのでなく


「発表した答えが合っていてすごいね」「手を積極的に挙げていたね」とか

褒めるポイントを見つけて話すようにしましょう。


もし直してほしいところがあれば、褒めた後に指摘すれば子供も聞きいれやすいです。


スポンサーリンク



5 クラスの全体の雰囲気を知っておく

子供が通っているクラスはどんな雰囲気なのかをつかんでおきます。


どのくらいの静かさ、騒がしさなのか。先生と子供のやり取り、子どもはどんなふうに周りの生徒と接しているか、を見ておきます。


いじめや何か問題が起きた時に、雰囲気を知っているかないかではイメージのしやすさが違ってくると思います。



6 親同士で喋りすぎない、子供がメイン

休み時間などであればいいですが、親同士で教室で喋られると他に見に来ている親や生徒たちに迷惑です。子供だけでなく、親も見られていると意識しましょう。


先生や周りの親から「あそこの子のお母さんは。。。」と評判を落とす原因になりますからマナーや礼儀は守りましょう。



マナーと注意点



〇マナー

・携帯電話の音はマナーモードに

・カメラ付き携帯で子供をとるのは控えましょう。パシャッと音が鳴ります

・自分の子供に話しかけるのも控えましょう



〇小さい子は連れて行っていいか?

大丈夫な学校は多いです。幼児で泣いた場合は、すぐに廊下に連れ出せるように

なるべく廊下側の位置で授業を見るようにしましょう。


またオムツ交換の場所やミルクをあげるスペースはありませんから、小さい子のトイレと食事は済ませてから行くようにしましょう。


念のため、替えのオムツを持っていきましょう。もし取り換えが必要なら保健室などで事情を話して出来る学校もあるようです。



〇父親は行っていいのか?

問題ありません。普段は子供のことを母親任せですし、授業参観の機会に子供の小学校の様子を見ると話題も弾んでいいかもしれませんね。

スポンサーリンク




   sye5

このページの先頭へ